ロッキー5に出演したトミー・モリソン死去…その人生を振り返る | えりあのトレンドニュース速報

ロッキー5に出演したトミー・モリソン死去…その人生を振り返る

トミー・モリソンさん
「ロッキー5/最後のドラマ」でロッキーの弟子トミー・マシン・ガンを演じた
元ボクシング世界へヴィー級世界チャンピオンのトミー・モリソンさんが、2013年9月1日に44歳の若さで亡くなったそうです……。

ご冥福をお祈りいたします。

早すぎる死を惜まれるトミー・モリソンさん、一体どのような人生を過ごしてきたのでしょうか?

トミー・モリソンさんは1969年1月2日生まれ、アメリカ合衆国出身のプロ・ボクサーです。
また、アメリカの俳優であり映画監督でもあるジョン・ウェインさんの甥だそうです。

トミー・モリソンさんの生まれた家庭は荒れており、
トミー・モリソンさん自身は父親に虐待されながら成長しました。

そして両親が離婚したあとは学校をやめ、若くして建築現場などで働いたそうです。

13歳の時にタフマンコンテスト(駆け出しボクサーの興行)に出場し、50勝1敗の戦績を残しています。

その後はアマチュアボクシングへ転向し、1988年にはプロデビューしています。

1993年にはジョージ・フォアマンに判定勝ちし、WBO世界へヴィー級チャンピオンとなりますが、
2度目の防衛戦でマイケル・ベンドにTKO負けし王座を失っています。
1995年にドノバン・ラドックにTKO勝ちし、IBCへヴィー級チャンピオンとなります。

1996年に、試合前の健康調査でHIVウィルスが検出され、試合はキャンセル、ボクシングの資格も停止となってしまいます。
その後は予定されていた試合がHIVによりキャンセルになったり、
HIVの規定が当時なかった日本や血液検査がないメキシコで試合を行ったりしています。

ボクシングは確かに、試合で怪我をして出血したりしますから、HIVに関しては厳しそうですね……。

2011年にトミー・モリソンさんと結婚した妻は一貫して
トミー・モリソンさんのHIV疑惑を否定していましたが、
2013年、トミー・モリソンさんの母親がスポーツ番組で
トミー・モリソンさんはすでにHIVの末期を迎えており
人工呼吸器をつけてかろうじて生きている状態であることを語りました。

そして2013年9月1日、トミー・モリソンさんはネブラスカ州オハマの病院で44歳の若さで亡くなりました。

やはり、HIVが原因だったのでしょうか……。
トミー・モリソンさんの人生はHIVに苦しめられたものだったとわかります。
残念です……。

シルヴェスター・スタローンさんとその実子セイジ・スタローンさんはロッキー5で親子共演していましたが、
そのセイジ・スタローンさんも去年亡くなっていますね……。
ロッキー5は、呪われているのでしょうか……?!

何はともあれ、トミー・モリソンさん、お疲れ様でした……(;;)
むこうで叔父のジョン・ウェインさんやセイジ・スタローンさんと再会できてればいいですね!


もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

えりあのトレンドニュース速報 TOP » スポーツニュース, 芸能ニュース » ロッキー5に出演したトミー・モリソン死去…その人生を振り返る