ルー・リードさん(71)の死因となった肝臓移植の合併症とは? | えりあのトレンドニュース速報

ルー・リードさん(71)の死因となった肝臓移植の合併症とは?

ルー・リード

ルー・リードさんが27日、ニューヨークの自宅で亡くなったそうですね(´・_・`)
71歳だったそうです。

ルー・リードさんは今年の五月に肝臓移植を受けていて、合併症で亡くなったそうです。

ルー・リードさんが亡くなる要因となった肝臓移植の合併症とはどのようなものなのでしょうか?

肝臓移植の合併症とは?

肝臓移植は大手術であり、手術中や術後に患者が死亡することもあるようです。
肝臓移植の手術を受け、元気に退院した患者がその後合併症で亡くなってしまうことが現実としてあります。
正確に合併症が起こりうる可能性を推測することは困難で、予測できない合併症で亡くなることが無いとはいいきれません。
このように肝臓移植自体は危険が伴い、術後も合併症が起こりうる手術なのです。

肝臓移植後の早期の合併症は主に次の5つに分類されます。

・出血
・繋いだ血管に血液が流れず、詰まってしまう合併症
・繋ぎ合わせた胆管に関する合併症
・感染症
・拒絶反応

これらは肝臓移植後、早期に起こるものから、数ヶ月経ってから起こるものがあります。
また、この5つだけでなく、無気肺や腎臓の機能低下など、その他の合併症も起こりえます。

肝臓移植の合併症…とても危険ですね。
このような大変な病気と戦ったルー・リードさん、安らかに休んでほしいです…。

ルー・リードさんの死について、ツイッターの反応

「ええっ!ルー・リード亡くなったの……」
「ちょうど先日、頭の中でルー・リードの歌声が流れていたのだが…」
「ニューヨークは今日もルー・リードが歌ったメロディーが流れている」
「うちの親父が朝からルー・リードを聞いていて目が覚めた」
「友達と語り合えるきっかけをくれたルー・リードに感謝したい」
「ルー・リードと聞いて、「西田ひか『る』と石田ひか『り』のコンビ、ルー&リーを思い出した」
「ピンとこない。ずっと死なない、というのが自分のルー・リードのイメージだった」
「喋るように歌う人が好きなのだが、知る限り、一番古い人がルー・リードだった」
「ルー・リード詩集、再販しないかな…」
「デヴィッド・ボウイ、ルー・リードを追悼してるけど、ルー・リードに殴られたんじゃないっけ?」
「彼氏がLINEで『ルー・リードがいなかったら音楽やってなかった』って嘆いてる」
「入ったカフェがルー・リードをかけていたよ。少し泣く」
「ルー・リードが亡くなってふと思い出したのは、彼の『この世は誰にも頼れない。切り抜けるにはバス一杯分の信念が必要』という言葉」
「ルー・リード亡くなったんですね。僕の中では、また一つ時代が終わった感覚があります」
「メタリカとルー・リードってCD作ってたんだ、知らなかった」
「美川憲一さんの『もっとはじっこ歩きなさいよ』はルー・リードの『Walk on the Wild Side』からインスパイアされたらしい」
「ルー・リード、私の人生にも大きな影響を与えました。音楽は永遠です!」

YouTubeに残るルー・リードの記憶

Andy Warhol – Exploding Plastic Inevitable (High quality)

Velvet Underground at the Boston Tea Party (1969)

‘Sweet Jane’ (1974)

Press Conference in Sydney, Australia (1974)

Live at the Roxy (1976)

‘A Night With Lou Reed’ (1983)

Honda Scooter Commercial (1984)

‘Spectacle: Elvis Costello With . . .’ (2008)

‘White Light White Heat’ (2007)

‘Heroin’ (2012)


もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

えりあのトレンドニュース速報 TOP » 芸能ニュース » ルー・リードさん(71)の死因となった肝臓移植の合併症とは?